パチンコ パチスロ パチンコ屋

パチンコ・パチスロをやめる方法のひとつとしておすすめしたいのは、パチンコ屋に行ってみる方法です。

 

というのも、パチンコ・パチスロを打っている姿が、客観的に見てどんな風に映っているのか分かるからです。

 

夢中になっている人を見れば、きっとあなた自身の中でも何かが変わりますよ。

 

ただし、なんとなくパチンコ屋に行くだけだと、ついつい打ってしまって、余計にヤメられなくなってしまうリスクもはらんでいますので、そのやり方を紹介します。

やり方は簡単!打っている人を見るだけ

絶対にお金を置いていく

この方法で絶対にやってはいけないのが、お金を持ってパチンコ屋に入ること。

 

パチンコ・パチスロが好きな人がお金を持ってパチンコ屋に入ると、絶対に打ってしまうからです。チャンスゾーンが近いから、設定が良さそうだから、打ちたかった機種が空いていたから、ちょっとだけ…など。

 

何かしら理由を付けて、ついつい打ってしまうものです。

 

ですから、この方法の前提として絶対にお金を持って行かないでください。できることなら徒歩で行けるパチンコ屋を選び、お金は自宅に置いておきましょう。

打っている人の様子を見る

パチンコ屋に入ったらやることは簡単。打っている人の様子を見るだけです。

 

この時に意識して見て欲しいのが、表情や打っている時の様子、服装、女性のお客さんならメイクや髪への手入れ、肌の様子などです。

 

もちろん、見られている人が不快に思わないように十分注意しなければなりません。顔を凝視する、同じ人ばかりを見るのはNG。なるべくバレないように、台選びをしているフリをしながら見てみてください。

 

パチンコ・パチスロに夢中になっている人の多くは、絶望を感じている表情、ぼんやりした目、イライラしているなど、客観的に見てかわいそうだと思える雰囲気を醸し出しています。

 

それに、当たった時のドヤ顔タバコ着火、外した時の台パン、夢中になってボタン連打、レバーを強打など、自分もやっていたかも…と思うと切なくなりますよ。

 

あと、他にもよく見て欲しいのが身なり。

 

伸びてしまった首周りの服、使い過ぎて少し透けている服というように、洋服よりもパチンコにお金をつぎ込んでいますから、どうしても服装がおかしくなってしまうからです。

 

僕自身もそうで、既にボロボロになっている服や小さな穴が空いた服でも、「着れれば良いや」くらいの感覚だったので、すごく貧相に見えたと思います。

 

髪やひげも伸ばしっぱなしでボサボサのまま…、なんて当たり前でした。

 

女性客も、美容やファッションよりもパチンコ・パチスロに費やしている人は、身なりもてきとうに済ませていることが多いです。

 

このように、お客さんの様子を客観的にチェックしてみると、「自分もこんな風だったのかな…」と、打つのが恥ずかしくなってくるかもしれません。

 

お客さんをチェックするという行為を1週間続けてみてください。

 

恐らく、1週間と待たず、行くこと自体面倒くさくなって、自然とパチンコ屋から遠ざかるでしょう。

パチンコ屋の前を通る時にチラッとチェックするのも効果的!

朝早くから行列を作っている人、駐車場から出てくる時にイライラした様子で運転している人を見ていると、やめられて良かったと感じます。

 

僕は、「自分も同じだったのかな」とか、「続けていたら今もこんな感じだったのかな」と考えると、ゾッとするようなホッとするような不思議な感覚に陥ります。

 

出勤前や帰宅途中にパチンコ屋を通るのであれば、チラッと様子を見てみてください。

まとめ

自分で自分の様子を見るのは非常に難しいです。

 

パチンコ屋にある監視カメラを見せてもらえるのなら簡単に分かるのですが、それはほぼ不可能ですよね。

 

ですが、他の人の打っている様子を見るのは簡単です。そしてその様子は、不思議なことに誰もが似たようなものになります。

 

こうして、パチンコ・パチスロに夢中になっている人を客観的に観察することは、パチンコから抜け出すための糸口になるでしょう。

 

それから、大切なことなのでもう一度言いますが、お客さんが不快にならないように十分注意しながら観察してください。